不動産相続は「慌てないこと」が第一!


【買取提示価格の2以上】


~相続不動産の売却成功事例~






相続は相続税などの申告期限があり、「急いで売却を」と焦ってしまう方が多いものです。


けれど、当店としては慌てずに不動産と向き合うことをオススメします。


今回ご紹介するのは、叔父様がお亡くなりになられて遺産を相続されたA様の事例です。





 


「相続税がかかるかもしれませんね」

 

そうアドバイスされたA様は、葬儀会社から税理士事務所を紹介され、「期限内に売却をしないと相続税がかかって大変」とのことで、さらに不動産会社を紹介されたそうです。


そして不動産会社の方から買取価格の提示を受け、「今日にでも代金を振り込みます」と言われ驚いてしまいました。


A様は不動産の相場を知らなかったそうですが、あまりに急な話に不安を覚え、一旦保留とされた後、当店とご縁がありご相談いただきました。



 




このお話の問題点は、いくつかあります。

 

A様の相続不動産】


・相続財産の金額を考慮すると、そもそも相続税はかからない


・設備や部屋の状況から見て市場で売却すれば、2倍以上の価格で成約する可能性がある





 


当店での調査・査定結果をお伝えすると、A様は驚いていらっしゃいました。


そして、当店に売却活動をお任せくださり、動産を撤去してハウスクリーニングを実施してから販売開始


すぐに多数のお問い合わせをいただき、無事成約となりました。


買主様は、東京からご実家のある大阪へ戻りたいとのご事情があり、物件の間取りや状態などを気に入っていただき、A様にも買主様にもお喜びいただけるお取引となりました。






 

当然ながら不動産会社の即決提示価格は、相場より低くなります


また、このケースは時間がないと急かすことで売主様のお気持ちに沿わずに取引を進めようとしている、あまり望ましくないケースです。


もちろん、相続税がかかり急がなくてはならないこともありますので、お客様の現状を踏まえての売買が大切です。

 

当店は、お客様お一人お一人の事情を詳しくお伺いし、お気持ちとご希望に添った不動産売買を行っております。


相続不動産含め、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 




柴辻功の画像

この記事を書いた人:柴辻功
「皆様にお喜びいただける仕事をする」をモットーに、日々精進して参ります。

前へ 「お風呂に不要な3つの装備について!」

記事一覧

「「小規模宅地等の特例」メリットと注意点について」 次へ