「小規模宅地等の特例」メリットと注意点について

『小規模宅地等の特例』メリットと注意点について


亡くなった方が実際に住んでいた土地であれば、一定の要件を満たす相続人が相続した場合、330㎡までの土地に対して相続税評価額を80%割引で相続できるというものです。

例えば亡くなった方の土地の相続税評価額が2000万円の場合は課税対象が400万円となるので

かなりお得な制度です。

ただし誰でも相続人なら使えるっていう制度ではありませんので注意が必要です。

一定の要件を満たす相続人とは誰なのか?

具体的には配偶者、一緒に住んでいた同居親族、別居で3年以上持ち家に住んでいない親族となります。

税務署は本当に同居していたか?相続した物件に10カ月以上住み続けていたかを厳しくチェックするので

嘘、偽りのないようにしましょう。



井上大輔の画像

この記事を書いた人:井上大輔
営業トークではなく、本音で不動産のお話をさせていただきます。

前へ 「不動産相続は「慌てないこと」が第一!」

記事一覧

「相続時精算課税制度は安易に使ってはいけません!」 次へ