実家が空室になったらどうする?

実家が空き家になったらどうする?



相続を受けた後に実家の使い勝手がなくなってしまえば無駄に固定資産税だけ払い続けることになってしまいます。
2015年に空き家対策特別措置法を施行させているため、空き家の実家を放置しているとなんと6倍もの固定資産税がかかってしまうことになりました。
なぜ空き家を放置しているかとゆうと家がたったままの場合は固定資産税を6分の1にしてくれるという特例があるからです。
なので実家を相続しても古いからという理由で解体してしまうと住宅用地じゃなくなってしまうので
翌年の固定資産税は6倍になってしまいます。
だから壊すと税金が高くなるので、誰もすまない空き家ばっかり増えていってしまっている状況です。
しかし今回、政府は家がたっているのに誰も住んでいないなら更地(建物を壊して土地の状況)の
扱いにするという空き家対策特別措置法をつくったという経緯です。
実際に空き家を放置するとどうなるのでしょうか?
まずは自治体が調査をして1年を通じてガスや水道も使われていない物件を特定空き家として認定します。
その後、空き家の所有者にしっかり管理して下さいという指導が来ることになります。
もしこの指導に従わなかった場合に生い茂った草・木を伐採せずに放置したり朽ちた家を放置していると住宅用地の特例が外されて固定資産税が6倍になってしまいます。
例えばそのままその指導を無視して廃墟を放置してしまうと最悪の場合は行政代執行になってしまいます。その場合行政の方で解体処分されてしまいます。
そしてその解体にかかった費用は結局、所有者(持ち主)に請求されることになります。
無視は絶対にしないようにしましょう。
特定空き家に指定されないようにするためには日常的に草木を伐採したりポストにチラシを溢れかえらないようにするなど定期的に管理する必要があります。
実家が近く自分で管理可能な場合は良いのですが、費用はかかりますが空き家管理サービスなどを利用することをおすすめします。自治体によっては倒壊の危険がある古家の解体費用を補助してくれる制度もあります。なお解体後一定期間は固定資産税を6分の1にしてくれる自治体もありますので、ぜひ調べてみてください。
ここからは実家が空き家になった場合の活用アイデアを5つご紹介したいと思います。
1つ目は
過度なリフォームはせずにそのまま賃貸に出す。
都心であれば戸建でも高い家賃で借りる人の需要はありますが、地方であれば高い家賃で貸すのは難しくなります。なぜなら家賃が高ければ新築を買った方が得だと感じるようになるからです。
オススメは壁紙をはりかえたりクリーニングをしたり最低限のリフォームで相場より少し安い家賃ですぐに貸し出すことが良いと思います。
あとは家具や家電はまわりの比較にもなるので、そのまま残した状態で貸すようにします。
2つ目は
上記の内容をしてもそれでも田舎で借りてがいない場合はタダで貸す。
空き家を放置するほうが、費用がかかるのでタダ同然で借りてもらうと良いでしょう。
そのかわり固定資産税だけは借主に支払ってもらうようにしましょう。
3つ目は
需要があれば建替えて売却するのもオススメ
こちらは専門知識も必要なので、よく勉強してからにしましょう。
4つ目は
どうしても価値や需要のない土地の場合はタダ同然で売却。
もし使い勝手が全くないのならタダでも売却したほうが良いかもしれません。
5つ目は
グループホームに転用して活用
昔の家は4DKや5DKなどの広い間取りが多いのでグループホームの運営にはピッタリなんです。
グループホームの運営には自治体の許可が必要ですし世話人さんを何人も雇わなければいけませんので大変ですが家賃だけでなく補助金もいただけるので通常の賃貸とは比べものにならないほどの収益が上がります。
ただしグループホームの運営は本当に大変なので活用してもらえそうな地元の運営している会社に借りてもらえないかを相相談すると良いでしょう。
実家は誰もが相続する可能性がありますので準備を早めからはじめるようにしましょう。









井上大輔の画像

この記事を書いた人:井上大輔
営業トークではなく、本音で不動産のお話をさせていただきます。

前へ 「エクステリア施工例」

記事一覧

「最強!期間限定!関西みらい銀行の全期間固定1%(がん特約付き)」 次へ