不動産売却の基本的な心構え

売却の心構え



「不動産売却に対する基礎知識を身につけましょう!」

と言われても、簡単なことではないですよね。

しかしながら、不動産は、高額な資産ですので、買うとき同様、売るときも慎重になる必要があります。

売った後に困ったことが起こらないように、尚且つ、好条件での売却となるように、ある程度の知識・情報は必要です。

基礎的な知識として把握しておきたいことは、

①売却の流れ

②不動産査定

③媒介契約

④費用と税金

の4つです。

また、不動産売却の際の心構えとしては、

『自分が買い手だったら』というふうに、不動産を購入した時の慎重な気持ちをもって、不動産売却に対する知識を収集するということが大切です。

より有利な売却を目指すにあたり、売主様としての心構えも不動産売却を成功させるためのポイントと言えます。

【不動産を売る理由】

家族構成の変化や、仕事の環境変化による住み替えや相続など不動産売却の事情は様々です。

では、不動産売却に至る場面にはどのような場合が多いのでしょうか。

例えば、

・住み替えのため
・借入返済のため
・相続税支払いのため

などがありますが、実は、買い換えを目的としている人が少なくありません。

・より広い家に買い換えたい
・マンションから一戸建てに買い替えたい
・一戸建てからマンションに買い換えたい
・住環境の良い場所に買い替えたい
・通勤や通学に便利な場所に買い替えたい

など、買い替えの負担がそれほど大きくなければ、その時のライフスタイルに合った、よりよい広さの住まいや場所に引っ越したいという願望は誰にでもあるように思います。

不動産の買い替えは、個人の場合、消費税が非課税であったり、約10年間の住宅ローン控除があることなどを加味して検討した場合、生活環境に合わせて住居を変化させることは、精神的な面と並行して、資産形成上のメリットを生みだせる場合もあります。

『不動産は一生に一度の買い物』でなくても良いのでは?

とさえ思えます。

お客様の負担を少なくして、買い替えに成功していただく。

私たちは、この心構えを持ち続けて、不動産売却のお手伝いをさせていただきます。


売却ガイドブック


柴辻功の画像

この記事を書いた人:柴辻功
「皆様にお喜びいただける仕事をする」をモットーに、日々精進して参ります。

前へ 「不動産売却査定とは」

記事一覧

「喜連西新築戸建 360°WEB内覧」 次へ